メンズエッグの変化|ニーズに合わせた紙面づくり

男性

ネットで服を買う利点

男の人

よくデパートなどで在庫処分のセールを行なっています。実は、店舗だけではなくネットでもセールを実施している場合があります。ネットなら、大量に洋服を購入しても持ち運びする手間がかかりません。

詳細を読む

時代とともに変わる内容

色んなファッションの男性

書店やコンビニには、ファッション雑誌がたくさん陳列されています。女性向けの雑誌や男性向けの雑誌など実に様々な種類のファッション雑誌があります。数多くのファッション雑誌の中でも特に有名な雑誌がいくつかあります。ターゲットを絞った記事づくりをして、一定数の読者を確保し続けながらシェアを伸ばしているのです。その例として、メンズエッグなどが挙げられます。メンズエッグは、主に十代の男性をメインターゲットにして紙面づくりをしていた雑誌で、90年代後半から2000年代にかけて売上部数を伸ばしていきました。ギャルのファッションやヘアスタイルを詳しく掲載し、日本の若者のバイブルのような存在となっていたのです。しかし、時代が移り変わると、メンズエッグに載っているようなギャルファッションをする男性が徐々に減っていきました。それに伴って、売上部数が落ちていき、最終的には休刊をすることになりました。これは、メンズエッグに限ったことではなく、ファッション雑誌にはよくあることなのです。そのため、長い間読まれ続ける雑誌を作っていくためには、時代に合ったファッションを紹介したり、流行を取り入れながら記事を書いていくべきなのです。実は、メンズエッグは最近になって復活しています。しかしその内容は、以前のようなギャル向けのファッションを扱ったものではなく、落ち着いた年代の男性を意識したものになっているのです。今は、若い世代だけでなく、少し上の世代もファッションを気にする時代なので、ニーズに合った雑誌づくりをしているといえるでしょう。

実用性のある贈り物

パッケージ

40代の男性にプレゼントを贈るとき、あまり派手すぎないデザインの商品を選ぶべきです。また、革製品の財布や運動靴など、実用性のあるものをプレゼントすると、喜んで使ってくれるはずです。

詳細を読む

ターゲットを絞った雑誌

メンズ

メンズエッグは、十代の男性をターゲットにしたギャル系のファッション雑誌として有名です。しかし、現在は三十代の男性を意識した雑誌に様変わりしていて、かつてメンズエッグを愛読していた男性から支持を得ているのです。

詳細を読む